忍者ブログ
オリジナルグラス製作します♪ 詳細は『グラスご注文方法』の記事をご覧の上お気軽にどうぞ♪
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


私なりの「夏への扉」をお届けします。

東京都世田谷区にて、
7/1~15(間に休館日あり)

『ギャラリー・パウパッド』
東京都世田谷区砧5−23−8
(小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩8分)

PR






夫婦茶碗ならぬ、夫婦グラスが欲しい。
それも、それぞれの名前と干支をデザインしたものを。

そんなご依頼から、私なりの取材と発想でお作りしたグラスです。

単なる干支グッズではない何かを盛り込みたかったのです。
十二支の12種類の中から酉年と子年の2つを取り出すのでなく、最初からこのお二人だけの専用に想いを込めた一品物にしたく、ご夫婦のご関係や環境を思い返しました。

玄関に天高くそびえる巨大盆栽のような松、そういえばそれがこのお宅のシンボルでした!
2つのグラスを並べると、幸せな松の枝とお二人の気持ちがつながる夫婦グラスの完成です。


創作のご趣味の大切なご友人へのサプライズプレゼントとの、ご依頼作品です。

以前にも、ご依頼者様がご自分用に「ガラス皿に、昔他界されたご両親の肖像画をグラスリッツェンで」とご依頼下さいました。

もちろんお写真も飾られているかもしれませんが、「グラスリッツェン作品で眺めると、写真とは違ういろいろな想いがわいてくる」と大切にして下さり、気に入った作品をご友人にもとの嬉しいご依頼です。

ご自身の大切な世界の、かけがえのないご友人へのサプライズプレゼント、グラスの奥に輝く笑顔を想像しながら作りました。


この春、東京都世田谷区のギャラリー・パウパッド様にて約半月に渡り開催された『さくらねこ展』。

毎年開催実績のあるこの展示会は、写真展としての性格が強かったようですが、光栄なことに新たな風としてグラスリッツェン作家として参加させて頂けました。

素晴らしい写真作品の魅力にも助けられ、私のグラスリッツェン作品も皆々様から関心を集め、ギャラリー・オーナーの許可も頂きつつ突発的に開催したのが、今回の“いきなりワークショップ!”です。

見本通りに上手に作る方式のワークショップも楽しいですが、私は「グラスリッツェンって何?」という方から「腕試ししてみたい!」という方まで、それぞれが笑顔でご自分だけの“一品物”と“作る快感”を持ち帰れる場を心掛けています♪

今回の生徒様は、「大好きなこの猫を彫りたい」と、やる気の眼差し!

「陰影を意識する」という写真的な側面もあり、「主観でアレンジできる」という絵画的な側面もあわせ持つグラスリッツェン。

大好きな猫を、ますます幸せな笑顔猫に仕上げてくれました♪
初体験でこの作品は素晴らしいですね!
生徒様も、グラスの中のこの猫も、最高の笑顔でした♪

●今回のワークショップは、合同展会場で様々なご厚意の上、急遽開催したものです。
内容に見合うワークショップの代金は頂戴しましたが、今回は猫保護ボランティアに全額寄付させて頂きました。

【作品サイズ/幅90㎜×高さ130㎜】

毎日写真の前にお供え物をしてもらい、今いる猫たちと同じように可愛がられている「ガ~ちゃん」。

もちろん命は限りがあります。
でも、その命をとても幸せな時間にしてくれた飼い主さん。

その飼い主さんの想いを形にした作品です。
次のページ >>
プロフィール
HN:
酒井
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]